カテゴリ: 音楽

若い頃は、取材をかねてよくオペラやバレエを見ていました。

いまや子ども向けにも企画が多くて、赤ちゃんオーケーのコンサートや、子どもに見やすい演出にしたバレエも見ましたね。オケやダンサーも一流でした。

最近、オペラの取材にお声かけいただいたのですが、夜の部で4時間。残念ながら断念です。

長くて当然なんですよ。オペラやバレエは、ゆったり休憩をはさんで楽しむものですから。

ところが今年、ゲネプロを取材した二本立てオペラは、短いけれど初めてのおもしろさがありました。


共通点も違うところもあり、重いドイツオペラを味わい、華やかなオペラでスカッとして帰れる。

あとはチケットのお値段ですね。歌舞伎のような一幕チケットの提案をする先生のインタビューも、記事に盛り込んでいます。

来日はだいぶ前になりますが、即位のお祝いの話題で、ウィーン少年合唱団を思い出します。

日本とのつながりが深く、令和を祝うオリジナル曲も披露しています。


来日時は、皇后陛下もコンサートにいらして交流したそうです。ドイツ語もお得意なので、少年たちとお話しされたのかな?と想像しました。

FullSizeRender

少年合唱団は組があり、交代で来日します。指揮の先生もそれぞれで、個性があるんですよ。

日本人の団員もいます。寮生活をしながら、音楽漬け、ドイツ語漬けってすごいですね。記者会見で答えてくれたケントくん、カッコよかった。

年齢制限のある合唱団ですが、最近は上のコースができて、セカンドキャリアの道も開かれました。音楽家、教育者として活躍してほしいですね。

↑このページのトップヘ