保育園で大流行したインフルエンザも落ち着きました。

ひな祭りの日は、保育園でパーティー。娘は、ひな祭りの歌をフルコーラスで覚えていました。昭和時代は、フルでは歌ってなかったな。

その後のお外遊びで思い切り転び、顔とヒザに負傷。なわとびが楽しくてふらつくまでやり、走ってきた男子とぶつかったとか。

小さいころはよく転んだりお友達にひっかかれたり、心配でしたね。今は目立つ傷はショックですが、こうしたら痛いと学んでいるのでしょうか。

それでも元気いっぱい、保育園で借りた絵本とおひなさまアートを持ち帰り。家ではママとケーキを作り、クリーム、イチゴ、チョコペンで飾りました。ちらし寿しや貝のお吸い物もちゃんと食べて、成長したな〜。

3月は、片付けて4月からの生活リニューアルに備えたいですね。ラックを娘と組み立て、おもちゃは整理しました。昨年度の保育園アートをまだファイルしていないと気づき、時の流れの早さに寂しさも感じます。

時の流れといえば、ベビー服。

子育てNPOサイトで連載していたコラムでも、ベビー服について書きました。


何を買えばいいかもわからない、初めてママ。私は最低限のものしか買いませんでした。それでも、真っ白のおくるみや真っ白のオール、新生児の手袋や靴下など出番が少なかったものもあります。

ケープやカーディガンも、トライしてみないとわかりませんでした。袖のないベストのが着やすいとか、ケープは赤ちゃんなら冷房よけにはいいとか。

通販やユニクロ、ギャップ、無印良品と試し、サイズ感を学びました。百貨店ブランドは、セールで。思い切りぶかぶかで買って、長く着ます。

セールで買ったファミリアのコートは1歳の冬から今も着ています。さすがにぴったりで今年までかな。袖も汚れますが、洗濯機でソフト洗い。大きいコートもあるんですけど、本人が気に入っているの。

ファミリアはお高いですが作りはいいです。ファスナーが痛くないし、ラインが日本人に合う。フードやベストが取り外せて、ベストだけ室内で着られます。

ラルフローレンのコートもセールで買いました。オシャレだけどラインは外国人な感じ。娘はファスナーが気になるそう。

そして保育園っ子は、レギンス命。ナマ足はあり得ません。転ぶし、保護のためワンピースの下にも、真夏も、足首までのレギンスです。はかないと寒い、落ち着かないという娘。

バレエ風のチュールがついたレギンスや、スカート付きのレギンスも好きでした。ですが、保育園でワンピースやスカート禁止令が出たため、買わなくなりました。娘はスカート付きが好きなので、お休みの日用に通販でお安いのを買ってあげようかな。

レギンスは、何かと破けます。転んでお尻やひざに穴が、、最近、やっと100円ショップでアップリケを買い、チクチク。レギンスがいくつか、生き返りました。

成長に合わせて試行錯誤してきたベビー服。抑えめにしても、保育園で着替えがいるので増えるんです。

靴もすぐはけなくなります!上履きや園庭靴も一足ずつしかないから、何かあったらドキドキ。長靴はお下がり。ブーツは保育園で禁止令が出て、戦力外に笑。

本当は、売るか寄付するかすっきりしたいもの。自分の服や靴は、リサイクルショップや寄付によく出していますが、、。

同じマンションのママには、お下がりをいただいて活用しました。習い事の先輩ママも、ベビー服を100円でマーケットしてくれて助かりました。先輩ママたちの中で、もう2人目はないかな、と割り切って放出してくれたのかと思います。

私はまだ、懐かしさもあり、ベビー服の整理にはいたっていません。

ベビーのうちは、親の好みで大丈夫だけど、だんだん本人のテイストが出てきます。習い事で小学生のお姉ちゃんのお下がりをもらうとき、かわいい系とかシンプル系とか好みがあると聞きました。うちはかわいい系の帽子だけいただきましたよ。

続編の「キッズ服」も書きたいですね。着替えを自分で選ぶようになると、収納の問題も。皆さんはどうしているのかな。(なかのかおり)