カテゴリ: 教育

桜はまだまだ見られますね。

入学式シーズン、誇らしげな制服姿のお姉さんお兄さんも見かけました。


昨年、日経DUALにて「小中学受験のウソホント?」シリーズ5回を担当したので、皆さんの大変さが少しわかりました。

私は昭和時代の地方育ち。

公立小中から県立の進学高校へというのが普通のコースで、ほとんど私立受験はない地域でした。なので都心部の受験がどれだけ大変なものか、知らなかったのです。

取材に協力してくれたパパママたちが、頑張って受験をサポートしてきた様子を聞くと、本当に頭が下がります。

この連載の一部が、日経BP社から発売された中学受験ムック
に収録されました。ムックのメインは、疲れたママに読みやすい漫画の受験記です。

ムック紹介の記事、上下はこちら。




公立という考えもありますし、今のうちはどうなるかわかりません。選択肢として、私もムックで勉強しておこうと思います。(なかのかおり)

小中学受験のウソホント、4回目は小学受験についてです。

★学費は毎年、カローラ1台分!
★お受験対策、幼稚園児が毎日ペーパー30枚
★入試対策に実体験が大事なので、キャンプファイヤーにリンゴ狩りも
★エスカレーター式私立に入れて、バリバリ働きたいママ

今回も、ママパパ特派員の体験談がキレキレです。

そして7日にリリースの5回目は、受験うつがテーマ。 

これは登録なしで読めるので、チェックしてください。

爆笑問題の番組にも出ていた、元NHKアナウンサーで心療内科医の吉田たかよしさんが登場。

東大や医学部に合格した経験を生かして、受験生の相談に乗っています。この記事でも、アドバイスをいただきました。

人気ブロガー&教育ジャーナリストでもある世田谷区長の保坂さんも提言。

★親子でうつになる?
★落ちてトラウマになる子のケアも必要
★大丈夫、はNGワード

家族で取り組む小中学受験。。

受験に取り組んだり、乗り越えたりした家庭は本当にすごい!と思いました。(なかのかおり)

日経DUALの受験シリーズ、2回目はこんな内容です。 

   
★中学受験→進学、いくらかかる?
★名門・麻布中の入試問題を公開!
★内申書って?
★公立中高一貫校入試は


男子校の麻布中に入試問題をいただきに、ある土曜日、娘と潜入取材(もちろん掲載許可をもらっています)。

気になる費用は、4年生から塾に通うと3年で200万超!
進学後も…


本日、リリースの3回目も、引き続き中学受験がテーマ。

★男子は6年生で伸びる?
★大手塾のがいい?
★またまた気になる公立中高一貫校の教育方針

http://dual.nikkei.co.jp/article.aspx?id=9174

チェックしてみてください。(なかのかおり)

8月から仕込んでいた記事が掲載になりました。同世代のママ編集者さんと、二人三脚で作りました。

日経DUAL 
小中学受験のウソホント?5回シリーズです。



会員登録をしないと見られないページなので、興味のある方はチェックしてみて下さい。
1か月600円ぐらいで、月単位でも登録できるようです。(私には入ってきません笑)

1回目は中学受験のウソホント。

★4年生でも9to9で勉強漬け?
★地元の公立中は良くない?
★クラスのほとんどが受験するの?

こんな質問に、識者や塾の先生が答えます。

友人のママパパ特派員も、協力してくれました。経験者ならではの具体的なコメントで、ぐっとおもしろくなりましたよ。(なかのかおり) 

↑このページのトップヘ