カテゴリ: ジャーナル

軽めの病気にかかりつつ、小さい事件は起こりつつも、ママの仕事と娘のクリスマスイベントは何とかクリアしている師走です。

今年の後半で嬉しかったのは、20年勤めた会社をやめ、筆一本(パソコンとスマホと、カメラもかな)でしている仕事を信頼してもらえたとき。

日経で「私のキャリア、どうなっちゃうの?」を書いたときは、あるメディア編集者に「なかのさんの生き方、ロックですね」。ロックって、あれです。内田裕也とか、「やっちゃえ日産」とか笑。

プロとして、ロックと言われる記事が書けて、最高。

あとは最近、あるお若い患者さんに取材したところ、「初めて会ったような気がしなくて、リラックスして話せた」と言ってもらえて嬉しかった。

世間は、権力が好き。

私は20年間、みんなが知っている会社に勤めている〇〇さんだから知らない方にも相手にしてもらえたわけです。

このたび、あえて会社の看板を降ろし、ペンネームも変え、プロフィールから会社名を外しました。企画も取材も、自分そのものでアプローチしています。

やっぱり、え?フリーランス?どこと契約してるの?と怪しまれることもありますよ。

フリーになっても、ニュース記事を書くのは、責任が重いです。

私は会社員時代、報道をやってきたので、殺人事件や火事の現場に行ったり、国会議員に詰め寄ったり、大小あらゆる選挙をウオッチしたり、普通はできない経験があります。

さらにホスピスや新生児集中治療室、介護施設に入らせてもらい、難しい病気の患者さんを訪ねて全国を回ったり、専門家と親しくさせてもらったり。

医療関係者でもないのに、現場に入って生死を考える機会が多く、今振り返っても得がたい体験でした。

ミーハーどころでは、ハリウッドスターや社長、音楽家、俳優など超一流の有名人にもたくさん会いました。

企画、アポイント、取材、撮影、執筆、構成、編集、校正、やり取りなど。いろんな人への影響を考えて、時間をかけて準備。何度も書き直し、第三者になったつもりでチェックし、媒体の編集さんと話し合い、間違いなく、わかりやすく、たくさんの人に届けて不都合のない内容にする。

ネットで何でも発信できる時代になっても、訓練した記者でないとできないことだと思います。

会社員時代は、異様に力が入り、世のために役立つ記事を作るのが使命だと思っていました。

そして自分をすり減らしてしまいました。

もともと共感力がないとできない仕事ですが、私は心身どっぷりと入り込みすぎました。怪しまれるかもしれませんが、例えば病気や難しい生き方の取材をしていると自分も不調になる。この憑依力、女優ならすごいのにと思ったぐらい。

今は大丈夫です。

高齢出産、ままならない子どもの病気とキャリア、向いていない仕事と荒波にもまれ、権力を手放し、わかりました。

自分が元気でないと、いい取材をして記事を作ることはできません。

元気って、ハイテンションとかみなぎるパワーとかではなくて。

節約したり、小競り合いしたり。頑張りっぱなしじゃなくて、原稿が上がったから踊っちゃえ〜マッサージしちゃおう〜って部分もある。毎日の生活と、家族や住む家があってこその元気。

そうやって自由な発想を持ち、余白を残していられたら、いい企画もできる。組織勤めでがんじがらめの大変さもわかるから、私はそうじゃないアプローチができるのが長所。

テレビを見て、かわいくてフレッシュな若い芸能人もいいけど、経験と年齢を重ねた歌手や俳優には胸を打たれますよね。

取材で初めての人に会うときも、キャリアや人生の味があってこそ、話がしやすいのではと思うので、中年太り気味(そうはいっても減らさなきゃね)の40代も悪くない、、はず?

年内はもう少し、仕事のあれこれがあります。

来年はまた新しい道があるのですが、なるべく平常心の自分でいたいです。

平常心で、元気でいられるのも当たり前ではなく、有り難いことなんだと忘れないように。(なかのかおり)

保育園に通う娘、夏休みはありません。何か夏らしいことをと、ママの勤続20年の休みを小出しにして計画しています。

そのひとつで、4歳の娘と、バレエ公演を見に行きました。親子で…というイベントには最近、行ってなかったので、まずリサーチ。

いままで行ったことがある、「きちんと系」の親子イベントは、クラシックコンサートぐらいかな?

国内バレエ団と、海外の団と、どちらにしようかと娘に聞くと、「英語の人(外国の人のことです)」がいいと。

ウクライナのキエフ・バレエの親子バレエ公演は、4歳以上が入れて、チケットは7千円。子どもも同じなので、親子で行くと1万4千円か。

前はバレエをよく見たのでわかるけど、一流のキャストだと、チケットは1万〜2万します。上野の文化会館という会場も本格的だし。でもお高く感じる。新国立劇場の公演のほうが、お値段は手ごろでした。

迷って、もう一度、サイトで座席を見たら、隣り合わせはラスト1組だったので、購入。正面の真ん中で良い席だけど、私は通路側の席が好き。通路側は、出入りに気をつかわないから。

トイレに娘の機嫌に、対応できる通路側!乗り物、ママシアター、親子クラシックコンサート、すべて通路側を取っています。今回は、仕方あるまい。

セブンイレブンでチケットを受け取り、当日。保育園をお休みし、のんびり行こうと思ったら、雷雨に。傘をさしても濡れるし、その後、公演中に冷房が寒いんだよね。しかし、早く行こうよ〜と先走る娘。オシャレサンダルでなく、お下がりの大きめ長ぐつに、傘を持ってやる気まんまん。

仕方なく土砂降りの中、バス停へ。そんなに濡れず、バスも座れました。「かみなりさん、ゴロゴロならして、雨も降らせちゃって!」と娘が言っていました。

駅ビルで娘のリクエストするラーメン屋さんへ。フランス語の2人組が券売機で悩んでいたので、娘を順番待ちの列に並ばせ、メニューの説明。ママ、英語で頑張りました。「海藻」と説明したらキクラゲだったり、「クロケット」が出てこなくてポテトアンドビーフとか言っちゃったり。人生、勉強は続きます…。

私たちもすぐ入れて、子ども食器も用意され、しょうゆラーメンを半分ずつ食べました。やっと電車で、文化会館へ。無事に到着。

私は学生のころに音楽をやっていたので、この大ホールは何度か出演しました。舞台の取材もしていて、勝手知ったる文化会館。

早めについたので、開場待ちに並びました。入って席を確かめると、やはり真ん中で出入りしにくい…。入場が4歳以上って、トイレ問題もあるのね。時間までガマンできないと厳しいわ。

娘に、始まる前に「いまおトイレに行かないと」と説得しても、「途中で行く〜」と。いやいや、親子イベントとはいえ、公演中に人をかきわけて行くのは勇気がいる。

早め到着の私たち、早く始まってほしい。娘が飽きる…。もう少し小さいときは、待ち時間対策に苦心しました。映画館でも飽きちゃうから、予告編の最後のころに行ったり、お菓子を用意したり。もちろんバレエは飲食禁止です。

5分ぐらい過ぎ、やっと開演。司会のお姉さんが緊張してて、大丈夫?とハラハラ。簡単な曲の紹介もあり。演目は、「眠りの森の美女」や、「白鳥の湖」など有名どころの一場面です。

バレエはハイレベルでした。頭は小さく、手足は長く、スタイル良すぎ。まさに、王子は王子、姫は姫です。技術も最高峰で、なりきりもバッチリ。ブラックスワンの強い表情が印象的でした。

コミカルな役の男性2人も、すごい勢いのジャンプで舞台に飛び込んできました。演技、間の取り方が素晴らしくて、子どもから笑いを取っていました。いいものをたくさん見たであろう、うるさいママたちも、楽しめたと思います。

子ども向けの公演でも、本物のプロが、全力で見せてくれるということが大事です。子どもって、よくわかりますから。

娘が「おトイレ〜」と言い出し、ちょうど休憩時間に。並んだけど、回転は早い文化会館のトイレ。女子を観察すると、ストライプやチェック柄のワンピースが多い!バレエをやっている子は、きちんと系なのね。

娘が「サンドイッチ食べたい」というので、売店で精養軒のサンドイッチを買いました。前はここでよく買ったな。娘が欲張って抱え込み、食べ終わらなくて、公演ぎりぎりに。

2部は、参加型の趣向も。バレエをやっている人と聞かれ、手を挙げる娘。私が「ちょっと〜」と言うと、娘は「1回だけママと行ったでしょ」と。確かに2歳のとき、親子バレエ体験に行った。よく覚えてるね。

バレエダンサーの姫がステージに出てきて、客席の女子たちと、おじぎの練習。飽きちゃう時間に工夫がありました。

それでも、50分ずつ2部は長いです。2部の踊りに入ると、娘も眠いと言い出し、ママのひざに乗ってきたり、モゾモゾ。バレエ公演はマナーも必要なのよ。

2部も見所は満載です。「瀕死の白鳥」が本当に鳥っぽくて、美しくて、後ろ姿だけですごいと思いました。後で知りましたが、トップのダンサーだったんですね。

ほかに男性のジャンプで見せる演目、最後はにぎやかな「ドン・キホーテ」でおしまい。

ちょっとイヤな場面もありました。客席に入るとき、ごめんなさいと言いつつ気をつけたけど、私のバッグがおばあちゃんに少し当たったんです。すごい舌打ちをされて、ビックリしました。

あと、娘は小さいので足をのばすと前の席に当たってしまって、注意もしました。だけど、前の席にいた大きい女子のママが、「気をつけてください!」と厳しく言ってきたんですね。

そう言われると、すべてが気になるんです。娘に必要以上に注意し、親子でびくびく。お互いさまはないのかしら?お宅のお子さんはだれにも迷惑かけなかった?なんて、内心、むかむか。

みんなお高いチケットで気合い入れてきているからかなあ。4歳の娘は身長100センチをこえたところで、ミニミニです。こんな小さい子を、ちょっと温かく見てくれたら。

興味深かったのは、私のお隣の女子です。最初からものすごいハイテンション。公演中に笑いころげ、ママもダンサーの名前を読んであげて普通に会話…。私はうるさいとは思わず、楽しくてよかったねと思いました。

2部はママとけんか?その女子が、ご機嫌ナナメで無口になっていました。最後はママと仲直りしてテンションが復活。バレエをならっているみたいですね。

休憩含め2時間は、長かった!頑張った!という感想です。4歳だもの。ママもあれこれ注意しながらで、神経がとげとげしてしまいました。

先日行ったフラとタヒチアンのショーは、娘も遊びながら見られて、お客さんも優しかった。だから、マナー重視のバレエは厳しく感じたかな。

気楽に見たほうが、子どもの記憶に残ると思います。でもマナーや雰囲気は、カテゴリーごとに違いますからね。

ママは、子どもがいなかったころ以来のハイレベルなバレエを見られたし、娘なりに「すごいなあ」「かわいい」って感じられてよかった。

お出かけは一通りしたけど、まだまだ経験することがあるな。

お布団で娘に楽しかった?と聞いたらコクンとうなずき、スヤスヤ寝てしまいました。(なかのかおり) 

↑このページのトップヘ