カテゴリ: コラム

娘は保育園の最終学年に入り、お姉さんらしくリードする機会が増えました。

疲れが出たのか先日、冬のインフルエンザ以来の発熱。金曜の朝、38度ぐらいだったのが、夜には40度近くに。休診日の関係で、初めは耳鼻科へ。流行りのインフルエンザB型は陰性で、扁桃炎との話でしたが、お腹が痛いといいます。

そしてけろけろりん。すっきりしたようですが、念のために土曜日に開いている子どもクリニックを受診です。

熱が下がった月曜日、保育園に行きたくないと言い出しました。なだめて行ったら、楽しかった模様。でもまだときどき、お腹が痛いと言って、モヤモヤするみたい。行けば楽しいんだから、休みぐせはつけたくないし、難しいなあ。

娘の不調は、私のせいではと落ち込みました。プロセスと報酬が見合わない難しい仕事を引き受けてしまい、その他もろもろの忙しさ。発熱の前兆か、娘のセキが止まらない夜があり、私も寝不足。そこに保育園の先生にあーしてこーしてと言われ、コップの水がいっぱいになってこぼれました。

ギリギリで回している毎日、子どもの病気が入ると限界を超えますね。寝不足、緊張、留守番要員をどうするかでストレスマックス。小さい子が辛そうなのを見るだけでダメージ。娘の病気は減ったものの、まださらりとは乗り切れません。孤独な子育てを痛感します。

病気の報告は保育園にします。ある日の夕方に電話したら責任者がいない。報告できないだけですごく不安になりました。後で園長先生に相談した際に聞いたところ、年度越えの送別会だったとか。しょうがないと思うけど、微妙な気持ち。祖父母、身内の援助が望めない私は、あれこれ言われても決まりが多くても、保育園が本当に拠り所なんです。

子育てNPOサイトで連載したコラム紹介、今回は保育園の延長保育がテーマです。


会社勤めをしていた頃、上司の命令で勤務時間が後ろ倒しになりました。制度で勤務時間の希望はできるのですが、今考えても嫌がらせですね。

お金を払えば何とかなるでしょと言われましたが、何とかなりません。保育園の延長保育は何時までと決まってますし、役所に手続きをしなくてはなりません。

慌てて書類を出し、会社ではわずかでも時間を早くしてもらうため交渉しました。

保育が長い時間になり、かわいそうかと思いましたが、慣れると娘は夜の軽食や友達との遊びが楽しみに。

今も、延長が必要ない日は連絡を入れつつ、延長保育に助けられています。

子どもは誰かが見てくれるよねと思っているボスはどこにでもいます。誰かって誰ですか?笑。

預け先を探し、子どものケアをして、家事に仕事。それだけしても何かできないことが少しでもあれば、マイナスされていく。

悲しい。

最近もそういう状況がありました。

だけど、同じ轍は踏みません。

会社でダメ扱いされ、ずっと自分を失っていました。

今は違います。20年以上、スキルを積み上げてきたということは自分で認めてあげよう。自分の子を放っておいて、世のための仕事をするのは違う。そう思えるようになりました。

久しぶりに暑苦しく語りました笑。

まだ模索中ではありますが、経験を生かす仕事をしたいと新しい挑戦も始めました。きっと生かしていける日が来ると信じて一歩。(なかのかおり)


新年度スタートですね。

娘は土曜保育だったので、一足早くスタート。

先生やお姉さんたちと、さよならの機会が続き、娘なりに寂しさや新しい出会いへの期待を感じたようです。

先日、産後ヨガで一緒だった友達が育休ラストということで、第二子ちゃんに会いました。

7ヶ月。かわいい。

保育園デビューするそうで、娘が入園した1歳のときを思い出しました。

体が小さかったので、1歳食の手前から始め、食べられるようになったらみんなと同じごはんに。

入園の日に、ランチを食べてみましたが、スプーン使いは上手でした。

ずっとスリムで、病気も多かった娘。4歳クラスで急に食べるようになり、病気が減り、体がしっかりしました。インフルエンザや冬のかぜにはかかりましたが。

子育てNPOサイトで連載したコラム紹介、今回は離乳食・ごっくん編です。


生まれたときから細かくつけていた、食事やおっぱい、排泄のベビーノートを見返して書いたコラムです。

おもゆ、おかゆ、野菜やお魚など手間をかけて柔らかくし、小さくして、試していき、お口をあけたら大喜び!

今思えば、初めてママは本当に頑張ります。外出にもおかゆをタッパにつめ、海外に赴任していたパパと合流するときはエアラインでお湯をもらいおかゆにしたり、現地の伊勢丹でおとうふを買ったり。レトルトパックや外国の離乳食は食べなくて、オーガニックの瓶詰めおかゆやスープを持参しました。

さらにマクロビのお菓子を作ってみたり、無添加の赤ちゃん用お菓子を買ったり。

一通り試し、アレルギーがないか確かめ、保育園でもいろいろな食材を。魚卵やナッツはどうやって試すか微妙でしたね。

お出かけには、ミニおにぎりがベストだったかな。ごはんを棒状にラップし、丸くしぼり出すおにぎり、ぜひお試しを。小さいうちはブロッコリーをおやつにしたことも。

週末の教室にはお弁当を持たせたけど、菓子パンやコンビニおにぎりの味も覚えました。お友達にもらう市販のお菓子も少しずつ解禁。添加物は気になりますが、たまになら、いいのではないでしょうか。

いろいろ食べられるようになっても、一時はママのお弁当やおにぎりがないと寂しかったみたいですが、今は教室のお友達に誘われて知ったファミレスが好きになってしまいました。

保育園の日の夜ごはんは、ハンバーグやシチュー、ロールキャベツ、チキン焼きなど娘仕様で作り、冷凍しておきました。

会社勤めで延長保育のとき、ヘトヘトで、スーパーのお惣菜を買った日も。賛否あるでしょうが、娘はママと食べるならおいしいよって感じだったので、ずーっとじゃなければ罪悪感なく食べたらいいと思います。

振り返ると懐かしい…。

保育園は本当にありがたいです。バランスいいランチに、手作りおやつ。おやつは、うどんやおにぎりから、サモサや行事の日のクッキー、おもちなど年齢に応じてバリエーションが増えます。延長保育の夜食も、サンドイッチやおいもなど、楽しみ。

たまに遠足などでお弁当になると、気合いとプレッシャーがすごい保育園ママ。初めての遠足では、手づかみで食べられるおかず、果物と指定がありました。

離乳食から普通のごはんまでの経過は、人類の進化そのものなんですね。

このコラムも、続編を書かなくちゃ。

うどんやパスタを手づかみする時期から、スプーンを使うようになり、今はおはしまで使えちゃう。

この前は親子の料理教室で、ミートソースやサラダを作りました。

今年は、親子で料理の機会も増やし、またリポートしたいと思います。(なかのかおり)

保育園で大流行したインフルエンザも落ち着きました。

ひな祭りの日は、保育園でパーティー。娘は、ひな祭りの歌をフルコーラスで覚えていました。昭和時代は、フルでは歌ってなかったな。

その後のお外遊びで思い切り転び、顔とヒザに負傷。なわとびが楽しくてふらつくまでやり、走ってきた男子とぶつかったとか。

小さいころはよく転んだりお友達にひっかかれたり、心配でしたね。今は目立つ傷はショックですが、こうしたら痛いと学んでいるのでしょうか。

それでも元気いっぱい、保育園で借りた絵本とおひなさまアートを持ち帰り。家ではママとケーキを作り、クリーム、イチゴ、チョコペンで飾りました。ちらし寿しや貝のお吸い物もちゃんと食べて、成長したな〜。

3月は、片付けて4月からの生活リニューアルに備えたいですね。ラックを娘と組み立て、おもちゃは整理しました。昨年度の保育園アートをまだファイルしていないと気づき、時の流れの早さに寂しさも感じます。

時の流れといえば、ベビー服。

子育てNPOサイトで連載していたコラムでも、ベビー服について書きました。


何を買えばいいかもわからない、初めてママ。私は最低限のものしか買いませんでした。それでも、真っ白のおくるみや真っ白のオール、新生児の手袋や靴下など出番が少なかったものもあります。

ケープやカーディガンも、トライしてみないとわかりませんでした。袖のないベストのが着やすいとか、ケープは赤ちゃんなら冷房よけにはいいとか。

通販やユニクロ、ギャップ、無印良品と試し、サイズ感を学びました。百貨店ブランドは、セールで。思い切りぶかぶかで買って、長く着ます。

セールで買ったファミリアのコートは1歳の冬から今も着ています。さすがにぴったりで今年までかな。袖も汚れますが、洗濯機でソフト洗い。大きいコートもあるんですけど、本人が気に入っているの。

ファミリアはお高いですが作りはいいです。ファスナーが痛くないし、ラインが日本人に合う。フードやベストが取り外せて、ベストだけ室内で着られます。

ラルフローレンのコートもセールで買いました。オシャレだけどラインは外国人な感じ。娘はファスナーが気になるそう。

そして保育園っ子は、レギンス命。ナマ足はあり得ません。転ぶし、保護のためワンピースの下にも、真夏も、足首までのレギンスです。はかないと寒い、落ち着かないという娘。

バレエ風のチュールがついたレギンスや、スカート付きのレギンスも好きでした。ですが、保育園でワンピースやスカート禁止令が出たため、買わなくなりました。娘はスカート付きが好きなので、お休みの日用に通販でお安いのを買ってあげようかな。

レギンスは、何かと破けます。転んでお尻やひざに穴が、、最近、やっと100円ショップでアップリケを買い、チクチク。レギンスがいくつか、生き返りました。

成長に合わせて試行錯誤してきたベビー服。抑えめにしても、保育園で着替えがいるので増えるんです。

靴もすぐはけなくなります!上履きや園庭靴も一足ずつしかないから、何かあったらドキドキ。長靴はお下がり。ブーツは保育園で禁止令が出て、戦力外に笑。

本当は、売るか寄付するかすっきりしたいもの。自分の服や靴は、リサイクルショップや寄付によく出していますが、、。

同じマンションのママには、お下がりをいただいて活用しました。習い事の先輩ママも、ベビー服を100円でマーケットしてくれて助かりました。先輩ママたちの中で、もう2人目はないかな、と割り切って放出してくれたのかと思います。

私はまだ、懐かしさもあり、ベビー服の整理にはいたっていません。

ベビーのうちは、親の好みで大丈夫だけど、だんだん本人のテイストが出てきます。習い事で小学生のお姉ちゃんのお下がりをもらうとき、かわいい系とかシンプル系とか好みがあると聞きました。うちはかわいい系の帽子だけいただきましたよ。

続編の「キッズ服」も書きたいですね。着替えを自分で選ぶようになると、収納の問題も。皆さんはどうしているのかな。(なかのかおり)

あらゆる病気がはやっていて、ドキドキしますね。

保育園の保護者会で、子どもたちの劇を見ました。
昨年は娘がインフルエンザになり、練習した劇も見られなかったので、嬉しかった。

セリフ、ダンスもノリノリでニコニコの娘。

でも私が一番、感動したのは、2歳の保護者会で見せてくれたダンスなんですね。

当時、娘の病気が多くて職場で締め上げられ、家庭は修羅場。

娘も今はお話や読み書きが達者ですが、2歳の頃は表現の方法がまだ少なかった。

ダンスを覚えて、最後まで踊る娘は、まさに一生懸命という感じでした。
今は、やればできるよ、というのがわかってしまうの。

子育てNPOサイトで連載していたコラム紹介、今回はそんな2歳の娘と2人で激混みのディズニーランドに行った体験記です。


ディズニーランド、昔はそんなに行ったことがなかったんです。
子どもがいると、行くんですよね〜。年に1、2回ですが。

ベビーが行っても大丈夫なのが、人気の理由かと思います。成長に合わせて乗れるものがあり、ベビー連れも多いから。

最初は育休ラストの日に、母娘で行ってみました。予行練習として。
抱っこで乗れるものにちょっと乗って、数時間で終了でした。

歩けるようになった小さい子連れなら、人手を確保して行ったほうがいいですね。
走って行ってしまうし、並んだりトイレに行ったりも交代で見られるので。

コラムを書いたときは母娘2人だったので大変でした。並ぶルールも知らず、注意されるとカチンとくるし、写真も忙しいスタッフしかいないと撮ってもらえません。

慣れれば、スタッフも仕事だからねと受け流したり、交代で並んだりできるようになります。

あと3歳ぐらいまでは、たためるバギーが活躍でした。
お昼寝タイムが取れると、保育園っ子はすっきりします。親もつかの間の休憩に。

レジャーシート、上着も。夜は寒くなります。

食べ物は持ち込み禁止かもしれませんが買うのも並ぶので、小さい子用のフード、おやつや水筒は許されるかと思います。

4歳になるとホーンテッドマンションやジャングルクルーズも大丈夫でした。並ぶのもある程度は待てます。

親は並んだり、混雑を調べたり、闘い状態。

娘が嬉しそうでテンションが上がるのを見ると、頑張っちゃうんですよ。疲れてイライラするのに、娘の笑顔が見たい親心、、涙。

冬場のランドは、アナと雪の女王シーズン。

初めての映画館がアナ雪だった娘は、大好き。
行きたがりますが、オバフォー親は寒くて〜。もうちょっと待ってね。

本当はベビーからのランド体験や、その他お出かけ体験記も書く予定でした。

働くママを応援するためボランティアで書いていたこのコラム、私が会社員を辞め、大人の事情もあってお休み中です。

私は産前産後から日記を書いていました。
何冊ものノートにびっしり、まさに自分で自分に取材。なので記録が細かくあるんです。

産前産後や子どもが小さいときの大変さは、すぐ忘れちゃうし、経験しないとわかりません。

だから、ノートを開いて、なるべく具体的にコラムを書いてきました。

伝えたい体験はまだたくさんあるんです。

またBlogなどの形で、初めてママに贈る体験記や産前産後の話を書きたいと思います。(なかのかおり)

この週末は仕事が集中しています。

預ける方法、ごはん、習い事と算段しつつ、家事をちょこちょこしつつ、家族のリクエストを聞いたりお願いしたり、やっと出かけます。時間を気にしなくてよかった昔とは違い、いろいろ気にしながらの仕事はエネルギーも余計にいります。

もとから貧血気味でしたが、一昨年のドックで貧血の再検査になり、しばらく気をつけていました。年末にふらふらになり、年明けに検査。またまた貧血が進み、必要な鉄の貯金といえるフェリチンが4しかありませんでした。0だった時もあるけど。。

婦人科系や腫瘍マーカーは無事でしたが、検査は受けないとね。会社をやめる前、がん検診と胃の内視鏡をやりました。皆さんも、お勤め先や自治体の検診は受けましょう。ちなみに今回もサプリでは間に合わないそうで、鉄剤の注射に通います。

新しい人に出会える仕事って、素晴らしいけれど、元気でないとできないと改めて思いました。

子育てNPOのサイトに連載していたコラム紹介、今回は、

再び、子育ては「闘い」?

です。


コラムは44回、連載しました。1回目は、

子育ては「闘い」?

というタイトル。子育てが、というよりも、結婚や妊娠の段階から、闘わないとできない雰囲気が社会にあると書きました。

1回目を書いた時は、会社勤めをしながらの子どもの病気がどれだけ大変か、さわりはわかっていた段階。その後、もっと修羅場になるんです。慣れて楽になるとか、元の職種に戻れるとか、期待しましたが、現実は厳しかった。

それで、連載30回を超え、

再び、子育ては「闘い」?

というタイトルのコラムになったんです。

ママが高齢出産だと祖父母も高齢。遠方、病弱と重なると、子育てや家事のヘルプは頼めません。意地を張っているわけではなく、産後に何回か頼んでみて、無理があるのもわかりました。

なので会社勤めと子どもの病気の両立は、なんとかシッターを探したり、夫婦で半々は無理だけど試行錯誤してみたり。ママがうつって倒れても這うように迎えに行き、出勤すれば逆にうつるからと注意されたり。休むと怒られるから出勤したんですけど。

結果、家庭も会社勤めも修羅場につぐ修羅場でした。職場では叱責され、評価を低くされ、労務に呼び出され、働けない人扱いされ。

病児保育ではけがをさせられ、別のシッター団体の窓口は話の通じないおばあちゃんで会費を払っているのに泣き寝入り。

最後は退職という道を選びました。

大変すぎて、こういう修羅場を身内に説明する気力がありませんでした。説明しても、困ったときに駆けつけて快く助けるのが高齢者には無理と互いにわかっていますから。無理に呼んだら、仕事と子育てのキャパを超えている40代夫婦が、介護もしなきゃいけなくなる。

説明して、分かり合って、助けてもらって円満、というキレイな話にはならない。切実なんですよ。

1日も休みなしの育児はまだまだ続きます。家事、家庭のマネジメント。自分たちの人生、仕事、収入も考えて壊れない程度に、努力して。

それは身内なりサービスなりにサポートしてもらって、勤めているなら職場の理解があって、やっとのこと。

今、出会っている患者さんたちは明るく前向きに生きていますが、中には厳しいケースもあります。

自分は幸い、綱渡りながらも生活できているので、元気に、謙虚に、経験を生かした仕事をしていきたいです。(なかのかおり)

↑このページのトップヘ