カテゴリ: 子ども

ついに来ました、娘のインフル。

保育園の小さい子クラスで半分以上の感染と聞いた日に、きゅいんと発熱。

出始めに検査してもわからないんですよね。

熱性けいれん対策は必死にして小児科も行ったけれど、すぐに熱が下がったので検査しないつもりでした。

ところがまた上がり始めたので、小児科は休診で耳鼻科へ。 

朝は大混雑の人気クリニックですが、このときは1時間以内に見てもらえました。そしてA型判定。

昨年、救急でインフル診断されたときは、どうやって薬を飲みいつまで登園停止か、ものものしい用紙を渡されました。それもあって、初めてママはびびりましたよ。薬も嫌がって飲まなかったし。

今回は、耳鼻科の感じいい町医者先生が、処方箋を書いて、○曜日まで休んで下さいと言っただけ。今までした他の病気と比べて熱はしつこくない感じでした。

熱はすぐ下がり、登園停止の期間が持て余します。

100均で買って隠しておいた(見つかるとすぐ使ってしまい、非常時になくなるから)かなドリル、スペシャルな塗り絵、映画のビデオなど駆使しても飽きて、病気でモヤモヤする模様。

ママはリスケジュール、連絡、娘抱っこでパソコン仕事。

引きこもりになるのでご飯のメニューを考え、ふだんはできない手間のかかるロールキャベツを作りおき。 

片づけや家事も。

共倒れを防ぐため、お風呂も寝るときもマスク。加湿器にアロマオイルは気休めで。

看病は何度やっても緊張感があります。たまたま休日にかかっており、小競り合いしながらも夫と交代で仕事しました。

会社勤めをしていたときは、娘の病気が多すぎて大ヒンシュク。 結果、会社を辞めました。

その経緯を日経DUALに書いた記事はこちら。

私のキャリア、どうなっちゃうの? 子どもの病気がこんなに多いなんて知らなかった
http://dual.nikkei.co.jp/article.aspx?id=8667

今も、「あたたかく見守ってもらえれば、慣れた業務を外されなければ、続いたのに」と思いますが、時間きっちりいることが何より大事な日本の会社では難しいでしょうね。

無理を重ね、病気になってしまう社員も少なくなかったので、まさにサバイバル。

自由業も、仕事の内容は自由ではないのです。

会社のカンバンなしで、取材に応じていただくのは一苦労。

アポイントをキャンセルしにくいので、何とか任務完了できて幸運としか言いようがありません。

そして待機期間が終わり、朝一番で娘を連れて耳鼻科へ。

整理券を取り、1時間待って、無事に登園許可をもらいました。

保育園に送り届け、なんだか泣きそう。

肩の力が久しぶりに抜けた。

兄弟姉妹が次々に感染して、大変なママもいます。 それに比べたら、何てことなかったのに…。

ちょっと1日だけ身内に来てもらうのも難しい孤育てママには、子どもの病気はプレッシャーなのです。

高齢者に子どもの病気がうつったら逆に要介護だし、 現実問題として、孫や姪っ子が急に病気になったからといって遠方から駆けつけるのも無理。

子育ては大変なの。だからお互い距離をおきましょう、なんて説明する余裕もないのです。

毎日、綱渡り。

ヘルプを頼めず、共倒れにならずに、乗り切らなきゃいけない。

今回、事前に頼んでいたシッターさんも病児はNGで、キャンセル料を払いました。 急な発熱なのに、理不尽。

会社員時代に入っていた病児保育は、めちゃくちゃ高い上に、けがをさせられてやめたので、今後も入るつもりはありません。

病児保育を頼める人、増えてほしい!

時代の流れを感じたのは、保育園のママたちとのLINEでした。

この病院はどう?とか、症状は?とか、情報交換をして、励ましあったのです。

娘は病気が多すぎたので、各クリニックの特徴や休診日は熟知しているし、救急外来も行きつけだった私。

でもあまり病気をしない子のママは、高熱にびっくりするし、混んでるから違う病院に、ってあせっちゃう。

子だくさんママがアドバイスしてくれて、LINEも便利だなあと思いました。

みんな大人だから、LINEマナーもさっぱりしているという前提でね。

保育園の先生たちも状況を把握したいので、病気のときは経過の電話を入れています。 休み明けにも、こんな感じだった、割と食べられたって、ぐち半分に聞いてもらって。

まだまだ感染が広がっていて、いつもより人数が少ない保育園。

予防接種は賛否ありますが、娘もすぐ熱が下がり、パパママは無事なので、効果はあったのかな。

接種したくないからと、重症化・共倒れするなら、したほうがいいのかなと思ってみたり。

それぞれに判断するしかないですね。

成長しても、避けられない感染と待機期間。

子育ての勉強は続くのでした。(なかのかおり)

娘の成長に合わせて、習い事を変えていく準備をしています。

0歳のときから通っている英語教室は、5歳までの設定。

アルファベットや単語を学び、本を読んでもらう時間もありますが、工作をしたり体を動かしたり、遊び感覚の教室です。保育園が休みの土日に発散する場でもあり、娘はここが大好き。

だけど、娘も成長して周りは年下の子ばかり。物足りなくなり、小さい子に同化してざわざわしちゃう日も。

一学年下の子は、まだ保育園の卒園も先だし、しばらく通うという雰囲気ですが、小学校入学が見えてくる娘はこの先どうしようかと。
  
娘と同学年で、赤ちゃんのときから教室のクラスが一緒だったSちゃんも、5歳を前に卒業。今はバレエやバイオリンを頑張っているみたい。    
   
私も孤独だった育休中からの思い出があり、やめがたいなあ。

考えた結果、5歳になったら毎週のレギュラークラスは卒業し、単発の6歳までのクラスを利用することにしました。それなら、娘も納得できそうです。

英語教室の後の選択肢は、楽器やダンス。

ジャズダンスの体験に行ったら、娘がやりたいというので、チケット制でたまに行きたいと思っていました。

ところが先生の都合で日程が合わなかったり、キッズクラスがなくなったりと、実現しませんでした。

楽器にも興味があるみたいで、外出先で無料のコンサートをやっていたら見たい、聞きたいといってバイオリンの真似をしていました。うちにあるおもちゃのピアノも、最近ではカタカナが読めるので、楽譜を見ながらひいてみて曲になっています。

保育園の同じクラスにピアノを習っている子がいて、話を聞いた娘が「私もやりたい」と言うので、ピアノの無料体験に行ってみました。

いきなり、のりのりで弾いて歌って、リズム取りもできている。

ちょっとお姉さんの習い事がふさわしくなってきたのね。

決まった時間に通うこと、合った教室探しなど課題はありますけど。

電器屋さんで見た電子ピアノは、本当にいろいろな値段。ほとんどアプライトピアノみたいなタッチのもあり、進化に驚きました。
   
40代の昭和な私たちは、幼いころの習い事といえばピアノがメインで、ほかの選択肢は少なかったのではないでしょうか。地方の家にはアプライトがありましたが、調律が大変だし、マンション暮らしにはふさわしくないです。

続くかは未知数なので、お手頃な電子ピアノを買い、本物は借りて時々、触る感じにしようかと思っています。
   
さて、子育てNPOのサイトに連載していたコラム紹介、今回は娘が2〜3歳の頃、いろいろなおけいこに行ってみた体験がテーマです。

おけいこ体験
http://www.shigoto-kosodate.net/essay/913/


読み返してみると、親子でいろいろなところに行きましたね。

娘は2歳ぐらいから、好奇心が爆発しています。

このコラムを書いたころ、親子バレエのレッスンを1回だけ体験しています。その教室に先日、今度は娘だけのレッスンで行ってみました。

バレエも友達がやっているからやってみたい、と娘が言うので、体を動かして柔軟性が身に着くならいいかなと。

空手を始めた女子の話も聞き、私が強くなるのはいいかも!と思って勧めてみたところ、娘はバレエのがいいそうです。

バレエを真面目にやろうとすると、発表会が盛大で、お金もかかります。

この教室は、チケット制で1回ずつ支払えるし、土曜日にクラスがある。先生がちゃんとしたダンサーだけれど家庭的な雰囲気なので、私も娘がやりたいなら、毎週ではないけれど、ときどき行こうと思えました。

月謝制ってプレッシャーなんですよね。病気したら、とか、ほかの用との兼ね合いがとか。

特に保育園児は平日は行きにくく、土曜日にスイミング、勉強、ピアノと詰め込んでいる子もいます。

本人が何を好きになり、得意なのか、続くのかは未知数です。将来、塾通いや受験ということになれば、また生活が変わるでしょう。

でも、体を動かすことや音楽は、人生をたくましく生きるのに大事だと思います。

娘の成長や興味に合わせて、やりたいことをやってみて、やめたり始めたり続けたりに付き合ってあげようと思います。

いくらでも出せるわけではないので予算もありますし、親はスケジュールのやりくりが大変ですけどね。。(なかのかおり)

寒くなりましたね。

◯◯区の保育園で胃腸炎が大流行と聞き、昨年末に母娘でかかった胃腸炎を思い出しました。

インフルエンザの予防接種も始まり、病気の季節ということで、子どもの病気について書いたコラム第2弾を紹介します。

http://www.shigoto-kosodate.net/essay/978/

1歳〜3歳は病気のオンパレードでした。3歳になっても、中耳炎、リンゴ病、アデノウイルス、インフルエンザと初めて尽くし。病気は乳児だけでしょという期待は甘かったのです。

昨年末は娘が胃腸炎で初の「マーライオン」になり、私もうつってけろけろからお腹くだしに…。会社も無念の病欠。子ども経由の菌は強力です。

前は免疫力に自信があった私。なるべく薬も飲みませんでしたが、産後は薬と病欠もやむなし。

娘の病気の多さに、職場での評価が低くなり、続けられなくなって退職しました。

だけど、会社に行かないなら病気しても平気、というわけでもありません。

会社をやめた今だって、アポイントや執筆時間はあるわけで、すぐに「病気ですからリスケジュールして下さい いうわけにはいきません。

会員になって利用する病児保育は、在職中に使っていましたが、決まりが多いし、高くて万能じゃないんですよ。

シッターサービスも、病児は受けないという人がいるので、今後は必要なときにいい人を探すというやり方でトライしてみようと思います。

成長か、ラッキーなのか、今年度は発熱休みをしていない娘。ひやひやする日はありました。外出先でのけろけろや、一瞬の発熱など。

先日は保育園の遠足を控えた夜中に、うなされて体が熱くなり、遠足は休みかなと心配でもんもんとしました。娘は乳児のときに熱性けいれんを起こしたので、遠足で何かあったらと妄想してしまいママは寝付けず。

朝、熱がないのを確かめて送り出し。遠足は楽しかったようで、拍子抜けでした。ママは眠くてふらふらの1日。看病で眠れない上に必死で病児保育を手配し、会社に行った日々を思い出しました。

予防接種も、賛否ありますよね。作冬は、予防接種をしても高熱のインフルエンザにかかった娘。保育園で大流行して、最後にうつりました。接種して軽症だったお友達もいますし、私は接種して娘からうつらなかったので、効果がないとも言えません。

集団生活のマナーとして、今年も予防接種を受けますが、何とか冬を越したいですね。(なかのかおり)

先日の養子を迎えた家庭の物語に続いて、日本女子大・林教授のインタビューを紹介しました。

http://m.huffpost.com/jp/entry/12532236?

厚生労働省研究班で、養子縁組の調査にも取り組んだ林教授。

制度の現状、課題を客観的に話してもらいました。

仲介をする機関(児童相談所)に、これしか専任スタッフがいないの?

民間団体は、お金の面が見えにくい。
 
それ以前に、母子で生きていくのをまず支えるべきだけれど、住まいや仕事、サポートが乏しい現状。

その支援を頑張ったうえで、

記事で紹介した家庭みたいにあたたかい場所で育てられたら一番だと思いました。


私も、難しい部分をかみくだいてまとめるため、いろいろな資料を集め、力を尽くしました。
(なかのかおり)


先日、4歳の娘が久しぶりに盛大なけろけろりんで、びびりました。

しばらく、おなか痛い、と言って顔色も悪く、、娘は熱性けいれんと胃腸炎によるけいれんを起こしたことがあるため、大したことないし〜と軽く言えないの。

ベビーのときから吐きやすく、電車や車にもよく酔いました。最近はけろけろしなかったので、成長かしらと油断して着替えも持ち合わせず。

カフェの店員さんが優しく、お手ふきやビニール袋を持ってきてくれました。片づけて、習い事のウェアに着替えさせて。念のため子どもクリニックにネット予約。

100円ショップにもさすがに子ども服はなく、小さめの靴下だけ買って。そのまま習い事に行き、ウェアのまま帰りました。

娘は、1〜3歳のときに病気が多すぎました。病児保育やシッターさん探しに、看病。休むため会社に頭を下げ、ダメ出しされ、ボロボロの評価になり、自分も病気がうつり、疲弊しました。それで退職したというのもあるんです。

ところが、4歳クラスになり、4月〜9月は1回も発熱なし!10月に一瞬、熱が出て、けいれんを心配しましたが週末に休ませて無事。

それでも、インフルエンザの予防接種も始まり、モヤモヤする季節になりました。

子どもの病気について書いたコラムは、こちらです。


初めて子育てするかたは、参考になると思います。組織にお勤めのかたも、子育ての現実を知って下さい。

今も思う。

身内なり会社なり、サポートや理解があれば親子で苦しい思いをしなくて済んだのに。

これで少子化対策とか、女性が輝くとか、違うでしょ〜〜。

子どもの病気・第2弾のコラムも紹介します。(なかのかおり)

↑このページのトップヘ