先日、家族で映画を見ました。パパが日曜夕方に出勤だったため、昼間の回で家族の時間を何とか。ファインディングドリーです。

映画館で撮れたのがドリーでなく、ジンベエザメの絵、笑。映画でも、かわいかったです。

昔、沖縄でジンベエザメと一緒に泳ぐツアーに参加。本当にこういう感じで、ボーッとしてそうなの。

私は水が怖くて、おぼれそうになり、スタッフのお兄さんが、リラックスさあみたいに言ってくれた。

このジンベエちゃん、名前がオシャレ。娘がこの絵を見て、あ、デスティニーだ!って覚えてました。


ドリーも、他のキャラクターもかわいくて、吹き替え俳優も豪華。色もきれい。大人にも、子どもにも受けます。

いままでを振り返ると、2歳のとき、アナと雪の女王で映画館デビュー。赤ちゃんOKのママシアターで。

ママシアターってどんな感じ?と、ベビーママに聞かれました。ベビたんが、さざ波のように泣いてるよ〜。でもお互いさまだから出なくてもいいし、ベビたんが寝ちゃえば見られそう。

娘は2歳だったから、おやつを食べてよく映画を見ていました。脱走もしたけどね…。

保育園で、ありのーままのーと歌うのがブームに。こちらのコラムに当時のことを書いています。

あとは娘と、くるみ割り人形、ドラえもん、ベイマックス、シンデレラ、ひつじのショーンなどを映画館で見ました。

最近は、ズートピアもおもしろかった。娘は、署長が怖い〜って…キャラがでかいだけでしょ。

日本語のテーマソングを親子で歌うのが流行りました。

ママ:オオオオ〜
娘:やるのよ〜

こういうベタな歌も好きだけど、英語の原曲のノリはすごかった。踊り出したくなるグルーヴ感。

いまも娘は、劇場が暗いし、悪役が出てくると、怖い〜抱っこ〜になります。ドリーのときも。悪役、いたっけ?

基本は、いっちょまえにポップコーンとオレンジジュースをリクエストし、キッズクッションに座りつつアメリカンに楽しんでいました。

娘はトイレも行くし、ママはなかなかゆっくり見られないけど、ヒトの進化がわかって楽しい。(なかのかおり)