今日、会った友人たちと、8年前に何をしていたか話しました。

そして今、生きているのは本当にありがたい、と確かめあいました。

私は新聞時代、福島に赴任していました。

独立してから毎年、復興の記事を出させていただいています。

今年は、産後の家庭訪問のお話です。

サポートする側のボランティアさんも、避難して痛みを抱え、前向きに生きています。

8年たっても、終わっていない。

その言葉が重いです。

いわきの物語をご覧ください。(なかのかおり)