まもなく会社から独立して2年。

取材で被災地やドイツに行き、大学院に入り、記事を書いて撮影して編集して、あっというまでした。

今さらなんですが、悔しい思いがあるんですよ。辞めなくていいやり方があったんじゃないかって。

最近は、働き方改革が言われるようになって会社も変わったみたいです。

そもそも、周囲には身内や職場の理解で子育てしながら勤め続けている人も多いです。環境も大きいですね。

私が会社勤めから降りたきっかけは、娘の病気が多く職場に居づらくなったこと。特に夏風邪が強烈でした。

 
初めて親は、夏は夏風邪、と知らなくてびっくりするので、改めて記事にしました。

娘が2回けいれんを起こし、薬を常備してのドキドキが何年も続きました。自分も夏風邪がうつり、有給が足りないから出社して問題になったり。

逃げ道がなかったあの頃を思い出すと、胸が痛いです。

会社勤めを辞めずに済んだら。キャリアを生かせたら。どうなっていただろう?

モヤモヤしているわけではなく、独立してから精一杯、やりたいことを実現してきました。

門を叩いたら開かれる、というのは好きな言葉です。

一方で、機会を待つのも必要。

苦い思いもある夏でした。(なかのかおり)