西日本豪雨の際、日本赤十字社の看護師・大西さんに災害時の子どもケアについてお話いただきました。


以前、出版社のポプラ社さんで親子向けのイベントがあり、取材しました。その時、東日本大震災の例を踏まえた大西さんのお話がとてもわかりやすく、今回の緊急取材につながりました。

イベントでは、スカーフを使った簡易リュックの作り方などお母さんたちが熱心に質問していたのが印象的でした。

私はプライベートで、赤ちゃんだった娘と、日赤病院の安全講習に参加したことがあります。知っていると不安も減るので、こうした知識を得る機会は大切ですね。

新聞記者時代に福島に赴任していた縁から、たびたび東北を訪ねて取材の形で復興を応援してきました。

今回、現場に駆けつけることはできなくても、少しでも情報が届いたらとの思いで記事を企画し、私もボランティア的な出稿でありますが日赤さんにご理解いただきました。

被災から時間が経つと心のケアはより必要になります。また、保護者のケアも忘れてはならないという点もぜひシェアしてください。(なかのかおり)