続いています。産後シリーズ。

講談社現代ビジネスでは、専門家の話やデータから、産後ケアについて考えました。


産後の自殺調査があるとは、衝撃的です。

でも関心を持ってもらうには、辛い部分を隠さないことが大事だと、現場の専門家は考えているんですね。

虐待に産後うつが関係することも知って下さい。産後は本当に、予想できない心身の負担がありますから。

私はもう産後とは言えませんが、今も逃げ込む場所がない、身内の駆けつけが難しい、仕事の悩みなど、サポート資源が足りない時に切ない思いをします。

だから自分で潔く会社を辞め、新しい仕事を模索しながら子どもと向き合ってこられたのはよかったのかもしれません。

いろいろな理由で放任・ネグレクトされてしまう子もいて、それはそれで複雑に思います。

この記事では、二児の母・海老根ドクターに研究結果やアドバイスなどお話いただきました。ドクターのキャリアだけでなく、ママパパたちへの共感があり、わかりやすい内容になっています。(なかのかおり)