カンヌ最高賞、是枝監督の万引き家族を見ました。

攻めてますね。子役はかわいいうまいし、女優さんは素敵すぎるし、リリー・フランキーさんは田中邦衛さん路線にもなれそう。エンドロールのスタッフさんの数に圧倒されたり。

樹木希林さんは今、山﨑努さんとの映画にも出てらして、どちらも憑依しています。私は新聞時代、山﨑努さんと交流があったので試写を拝見しましたが、こちらもおススメです。

虐待、家族、施設、養子縁組。万引き家族だけでなく、悲しい虐待ニュースもあり、私が取材してきたこれらのテーマはすべて絡み合っていると再確認しています。さらには、不妊や産後うつ、孤独な子育ても。

子育て中の助産師さんに、家事の工夫やママ友作りのアドバイスを聞きました。


産後の乳児訪問は、もちろんうつや虐待のリスクの発見も大事。この助産師さんは、本当にママ目線で、長時間労働のパパ目線もあり、メッセージがあふれて、取材は末っ子ちゃんおんぶで何時間も続きました。

ママ友作りに結びつく赤ちゃんサロンなどは元気な時に行く。

抱っこひもが使えるかで、暮らしが変わる。

家事はパパとトライ&エラーで。

こんな現実的なアドバイスが、私も目からウロコ。たかが抱っこひも、じゃないんですよ。様々なタイプが出てますから。昔はなかったし。

私も先輩ママに借りたり、妊婦友と色違いにしたり、試行錯誤してずっと抱っこちゃんでしたね。飛行機も新幹線も、ご飯もダンスも、抱っこひもでフットワークOK。産後はバギーを持ってくれる家族がいなかったので。

娘は小柄だったから、2歳になっても保育園に行く時に機嫌が悪いと、抱っこひもでおんぶしました。

地味に見えて、ほっとする助産師さんの言葉の数々。ぜひシェアして下さい。(なかのかおり)