まだまだ保育園は続きます。

クリスマス会や誕生会は無事に終わり、年の瀬ですね。

試写会、子連れ取材と主要な仕事は終えました。あと1万字ぐらい残っていますが、、

保育園のプリントをファイルしていて、あっという間だったなあとすでに泣きそうに。

今回の記事は、アスリートの社会貢献についてです。


私は新聞社時代、福島に赴任していました。

その関係で昨年、震災後の老舗旅館の再生物語を記事に。復興に尽くした地元の建築家さんが、福島ユナイテッドFCの社長さんでもあったのです。

最近は取材で知り合った、被災地支援をする団体の方に、サッカーチームとコラボしたいからすぐにでも福島ユナイテッドFCとつながりたいといわれ、久しぶりに社長さんに連絡しました。

そしてアスリート の社会貢献活動アワードに参加すると伺い、表彰式を取材することになりました。

とても豪華な集まりでした。先日、障害者アートの取材で激写した香取慎吾さんもプレゼンターで登場。集まった記者とすれ違うときも挨拶し、ステージでは撮影しやすいよう正面を向いて立ち、場を沸かせるコメントをして、さすがのスターです。

パラアスリート、メダリストもたくさん。

復興支援に取り組むプレゼンターの佐藤琢磨さん、紅白の審査員をする村田諒太さんもさわやかでかっこよかった。

ボクシングの坂本さんが養護施設の活動を熱く語り、障害児にサーフィンを教えるアンジェラさん、海外に足を運ぶ鳥谷さん、宮本さん、福島ユナイテッドFCの竹鼻さん、フレッシュなゆるスポーツ…後で見たら300枚も撮影していました。

無口なイメージがあった中田英寿さんは、発起人として社会貢献について、わかりやすく話してくださり、談話をたっぷり紹介しました。

一人ひとりの活動が、一本ずつの記事になるような濃さでした。

また取材して、詳しくお伝えしたいです。(なかのかおり)