2019年05月

五月病、大丈夫でしょうか? 

10連休で疲れた、仕事が大変になったという方が多いと思います。

私は個人事業主なので休日もあまり関係ないのですが、今月は連絡が来ないお仕事先が結構な件数、あります。皆さん、取り戻すのに多忙なんでしょうね。

今回は、小学校のプリントについてです。

特に入学時のプリント攻撃は、大変ですよね。記事の反響が大きく、皆さんご苦労があると思います。

電子化したらそれも問題が出そうですが、、

連絡帳や、学童保育の延長予定、宿題を読み解き、記入し、持ち物を買いに走る。

これは過保護ではなく、親の仕事なんですよね。

仮に低学年の子にしたくさせず、食べさせず、勝手に登校させたら、身なりもよれよれで必要なモノがなく、ネグレクトになってしまいます。

そして子どものために頑張る親もきついんです。

昔、子育て中の作家さんが、
高齢出産は、更年期と子育てが重なってつらいと話していて、ピンと来なかった私。

わかります!今なら!

太るし、寝不足だし、なんだかイライラが取れません。

子どものために頑張るほど、反動が出ます。

仕事や私生活では、えっ?と思うことが起きますし、子どもや家庭を押しやって何かに邁進するわけにいかず、自分を見失う瞬間もあります。

とにかく毎日の無事を祈り、親も体を壊さないようにしましょうね。(なかのかおり)







なつぞら、気になりますね。

障害者就労の調査・取材の一環で訪れた北海道の農場は、福祉の助成はもらわず、ハンディのある人が一緒に暮らし、働いています。

現地レポートがこちら。


何もないところから牧場を作ったとか、牛乳を捨てるのがもったいなくてチーズを作り始めたとか、なつぞらとも重なります。

北海道の大地に、こんな農場があるんだ、と思いを馳せてみてください。(なかのかおり)

10連休、お疲れ様でした。

アラフィフ親は、子どものケアや家事がきつかったです。

児童館が開いていたのは数日だけ。

チケットをもらった展覧会のハシゴ、映画デーに、図書館に、少し遠出、、と頑張りまくり、最後のほうは倒れそうでした。

日中に体を動かさないと、生活リズムを崩したらかわいそうなので、、

ラストの2日ぐらい、時間をもらってパソコンに向かったら、滞った仕事が少し動いて、立ち直れました。

10連休の記事がこちらです。

うれしくないが4割。確かに、のんびりできて、収入も減らない人って、そんなに多くないでしょう。

10連休を決めたのは、家事育児をしたことがない偉い人では?

実際、連休明けにニュースでも悲鳴が多かったですね。きつかったママ、サービス業、学校に行きたくない子たち。

私は個人事業主なので、連休中も仕事します。今年は、進行を待っていましたが、一部を除き連休明けにどっとお返事をいただきました。

今後は、10連休ではなく、交代制で!そして連休中は、相談窓口や病院や児童館など、そこで働く人も交代制で、どこかしら開けてほしい!切なる願いです。(なかのかおり)




↑このページのトップヘ