新年度スタートですね。

娘は土曜保育だったので、一足早くスタート。

先生やお姉さんたちと、さよならの機会が続き、娘なりに寂しさや新しい出会いへの期待を感じたようです。

先日、産後ヨガで一緒だった友達が育休ラストということで、第二子ちゃんに会いました。

7ヶ月。かわいい。

保育園デビューするそうで、娘が入園した1歳のときを思い出しました。

体が小さかったので、1歳食の手前から始め、食べられるようになったらみんなと同じごはんに。

入園の日に、ランチを食べてみましたが、スプーン使いは上手でした。

ずっとスリムで、病気も多かった娘。4歳クラスで急に食べるようになり、病気が減り、体がしっかりしました。インフルエンザや冬のかぜにはかかりましたが。

子育てNPOサイトで連載したコラム紹介、今回は離乳食・ごっくん編です。


生まれたときから細かくつけていた、食事やおっぱい、排泄のベビーノートを見返して書いたコラムです。

おもゆ、おかゆ、野菜やお魚など手間をかけて柔らかくし、小さくして、試していき、お口をあけたら大喜び!

今思えば、初めてママは本当に頑張ります。外出にもおかゆをタッパにつめ、海外に赴任していたパパと合流するときはエアラインでお湯をもらいおかゆにしたり、現地の伊勢丹でおとうふを買ったり。レトルトパックや外国の離乳食は食べなくて、オーガニックの瓶詰めおかゆやスープを持参しました。

さらにマクロビのお菓子を作ってみたり、無添加の赤ちゃん用お菓子を買ったり。

一通り試し、アレルギーがないか確かめ、保育園でもいろいろな食材を。魚卵やナッツはどうやって試すか微妙でしたね。

お出かけには、ミニおにぎりがベストだったかな。ごはんを棒状にラップし、丸くしぼり出すおにぎり、ぜひお試しを。小さいうちはブロッコリーをおやつにしたことも。

週末の教室にはお弁当を持たせたけど、菓子パンやコンビニおにぎりの味も覚えました。お友達にもらう市販のお菓子も少しずつ解禁。添加物は気になりますが、たまになら、いいのではないでしょうか。

いろいろ食べられるようになっても、一時はママのお弁当やおにぎりがないと寂しかったみたいですが、今は教室のお友達に誘われて知ったファミレスが好きになってしまいました。

保育園の日の夜ごはんは、ハンバーグやシチュー、ロールキャベツ、チキン焼きなど娘仕様で作り、冷凍しておきました。

会社勤めで延長保育のとき、ヘトヘトで、スーパーのお惣菜を買った日も。賛否あるでしょうが、娘はママと食べるならおいしいよって感じだったので、ずーっとじゃなければ罪悪感なく食べたらいいと思います。

振り返ると懐かしい…。

保育園は本当にありがたいです。バランスいいランチに、手作りおやつ。おやつは、うどんやおにぎりから、サモサや行事の日のクッキー、おもちなど年齢に応じてバリエーションが増えます。延長保育の夜食も、サンドイッチやおいもなど、楽しみ。

たまに遠足などでお弁当になると、気合いとプレッシャーがすごい保育園ママ。初めての遠足では、手づかみで食べられるおかず、果物と指定がありました。

離乳食から普通のごはんまでの経過は、人類の進化そのものなんですね。

このコラムも、続編を書かなくちゃ。

うどんやパスタを手づかみする時期から、スプーンを使うようになり、今はおはしまで使えちゃう。

この前は親子の料理教室で、ミートソースやサラダを作りました。

今年は、親子で料理の機会も増やし、またリポートしたいと思います。(なかのかおり)