娘の成長に合わせて、習い事を変えていく準備をしています。

0歳のときから通っている英語教室は、5歳までの設定。

アルファベットや単語を学び、本を読んでもらう時間もありますが、工作をしたり体を動かしたり、遊び感覚の教室です。保育園が休みの土日に発散する場でもあり、娘はここが大好き。

だけど、娘も成長して周りは年下の子ばかり。物足りなくなり、小さい子に同化してざわざわしちゃう日も。

一学年下の子は、まだ保育園の卒園も先だし、しばらく通うという雰囲気ですが、小学校入学が見えてくる娘はこの先どうしようかと。
  
娘と同学年で、赤ちゃんのときから教室のクラスが一緒だったSちゃんも、5歳を前に卒業。今はバレエやバイオリンを頑張っているみたい。    
   
私も孤独だった育休中からの思い出があり、やめがたいなあ。

考えた結果、5歳になったら毎週のレギュラークラスは卒業し、単発の6歳までのクラスを利用することにしました。それなら、娘も納得できそうです。

英語教室の後の選択肢は、楽器やダンス。

ジャズダンスの体験に行ったら、娘がやりたいというので、チケット制でたまに行きたいと思っていました。

ところが先生の都合で日程が合わなかったり、キッズクラスがなくなったりと、実現しませんでした。

楽器にも興味があるみたいで、外出先で無料のコンサートをやっていたら見たい、聞きたいといってバイオリンの真似をしていました。うちにあるおもちゃのピアノも、最近ではカタカナが読めるので、楽譜を見ながらひいてみて曲になっています。

保育園の同じクラスにピアノを習っている子がいて、話を聞いた娘が「私もやりたい」と言うので、ピアノの無料体験に行ってみました。

いきなり、のりのりで弾いて歌って、リズム取りもできている。

ちょっとお姉さんの習い事がふさわしくなってきたのね。

決まった時間に通うこと、合った教室探しなど課題はありますけど。

電器屋さんで見た電子ピアノは、本当にいろいろな値段。ほとんどアプライトピアノみたいなタッチのもあり、進化に驚きました。
   
40代の昭和な私たちは、幼いころの習い事といえばピアノがメインで、ほかの選択肢は少なかったのではないでしょうか。地方の家にはアプライトがありましたが、調律が大変だし、マンション暮らしにはふさわしくないです。

続くかは未知数なので、お手頃な電子ピアノを買い、本物は借りて時々、触る感じにしようかと思っています。
   
さて、子育てNPOのサイトに連載していたコラム紹介、今回は娘が2〜3歳の頃、いろいろなおけいこに行ってみた体験がテーマです。

おけいこ体験
http://www.shigoto-kosodate.net/essay/913/


読み返してみると、親子でいろいろなところに行きましたね。

娘は2歳ぐらいから、好奇心が爆発しています。

このコラムを書いたころ、親子バレエのレッスンを1回だけ体験しています。その教室に先日、今度は娘だけのレッスンで行ってみました。

バレエも友達がやっているからやってみたい、と娘が言うので、体を動かして柔軟性が身に着くならいいかなと。

空手を始めた女子の話も聞き、私が強くなるのはいいかも!と思って勧めてみたところ、娘はバレエのがいいそうです。

バレエを真面目にやろうとすると、発表会が盛大で、お金もかかります。

この教室は、チケット制で1回ずつ支払えるし、土曜日にクラスがある。先生がちゃんとしたダンサーだけれど家庭的な雰囲気なので、私も娘がやりたいなら、毎週ではないけれど、ときどき行こうと思えました。

月謝制ってプレッシャーなんですよね。病気したら、とか、ほかの用との兼ね合いがとか。

特に保育園児は平日は行きにくく、土曜日にスイミング、勉強、ピアノと詰め込んでいる子もいます。

本人が何を好きになり、得意なのか、続くのかは未知数です。将来、塾通いや受験ということになれば、また生活が変わるでしょう。

でも、体を動かすことや音楽は、人生をたくましく生きるのに大事だと思います。

娘の成長や興味に合わせて、やりたいことをやってみて、やめたり始めたり続けたりに付き合ってあげようと思います。

いくらでも出せるわけではないので予算もありますし、親はスケジュールのやりくりが大変ですけどね。。(なかのかおり)