バスや保育園で赤ちゃんを見ると、にやにやしてしまう私。抱っこベルトにスッポリ収まり、ちょいっと足が出てるのがかわいい。娘はバギーより抱っこ派だったので、懐かしいな。

2人以上、産んだ人はすごいなあ。どうやって育てるんだろう?と思いつつ、アラフォーも数年、過ぎた私です。

出産を控えている知人が何人かいるので、ベビーとのお出かけや、ベビー時代のあれこれについて、コラム紹介を続けますね。

ベビーとのお出かけステップで、飛行機より前の段階は、電車や新幹線です。産後にママがお出かけできるようになると、近所を歩くところから、地下鉄、バスと慣らしていきます。

コラム・抱っこでバギーで電車デビュー


娘は小柄だったため、抱っこがメインで、小回りがききました。バギーだと駅の階段や、バス・タクシーの乗り降りが厳しい。

バギーも素敵なのがたくさんあって、勢いこんで買う人が多いですが、産後に買っても大丈夫ですよ。

私は新生児OKのバギーをレンタルし、片手でたためて対面にもできる便利さを確かめてから、お買い取りしました。いろいろ見に行きましたけど、これというのはなかなか。

背丈があるママは、バギーが小さ過ぎても押すとき腰が痛い。私は背があるほうで、流行っていたハイシートがちょうどよかったです。

色はブラウンで、初めは地味だなぁと思いました。でも寒い時期のお昼寝にはブランケットをつけますし、かわいい色の服を着せると、バギーが地味色でちょうどよかったです。

デザインで決めると、実用性が難しいんです。例えばセレブに人気の大型バギーは、狭い都会で電車に乗ると目立ちすぎます笑。保育園のバギー置き場に入らず、玄関に置くママがいますが、電車移動の必要がないセレブですかって思っちゃう。ご近所だけの平面移動用かしら?

友人が選んだオシャレなバギーは、たたみにくいので、付き人がいないと…って感じでした。実際、ダンナさんの車があったからよかったんでしょうね。

乗り物のお話でした。
新幹線に初めて乗るときは、多目的室近くの出やすい席を選びました。泣いたらすぐデッキに出られるように、ドア近くの通路側です。

多目的室は病気や障害のお客さん優先だと言われましたが、空いていればカギを開けてもらい、授乳できます。おむつも換えられたと思います。

進化形は、コラムで紹介した子ども室つきの特急。小さい子が飽きずに過ごせて、移動そのものが楽しいですよ。

初めてママは、慣れた人には何てことないベビー連れ外出や数駅の電車だって、ドキドキするもの。

だんだん、このルートは段差があるとか、エレベーターが何両目にあるとか、コツがつかめますが、最初はぐったりです。

このコラムを、活用してくださいね。また、ベビー服や離乳食などについてのコラムもご紹介していきます。(なかのかおり)